超激辛非国民ブログ

1億回閲覧されても絶対にテレビには取り上げられないブログです。読むと所謂まともな日本人様は不愉快になります。

コロ助(新型コロナウィルス)は憲法改正のショックドクトリン

 本日、緊急事態宣言(以下緊事)の延長が発表されたが、それと並行して国民にとって大きな法案が右から左に受け流されようとしていることを把握している国民はどれ程いるだろうか?

 その大きな法案とは、憲法改正の際の国民投票法案の改正である。日本国憲法は、そう簡単に変えられないようにできているのだが、それには国民投票の手続きや改憲派や反対派の国民への宣伝の規制などを厳格に定められていなければならない。

 確かに、憲法とて永遠不滅のものではないので、憲法改正については議論しなければならないだろうが、国民がコロ助の脅威に晒されているときに行うものではない。これこそ不要不急の議論であろう。今は、一にも二にもコロ助対策や生活困窮者への支援をしなければならない時だ。

 それで、この国民投票の何が問題かというと、憲法改正が国会で可決され、国民投票になった時、投票率がどれくらいで投票が有効になるのか、また過半数の賛成票といっても総投票の過半数なのか全ての有権者数に対しての過半数なのかがあいまいなままである。例えば、有権者10で投票数が8としたら、普通の選挙なら5で可決だが、もし有権者全ての過半数なら5の賛成では否決となる。改憲派にとっては前者の方が都合がいいが、反対派には後者の方が都合がいい。

 続いての問題は、広告規制の上限がないということである。これは、投票数よりも危険である。何故なら、資金力がある自民党公明党などはあらゆるメディアを使い有名芸能人などに憲法改正すれば日本はこの世の楽園になるという宣伝をいくらでもできるからである。普通なら、憲法のような国民生活に最も大事な憲法改正をメディアの言うことを鵜呑みにするなんてあり得ないが、自分で政治を考えることすらできないほど働かされ、今腹を満たすことしか考えられないほど貧困に喘いでいる国民が改正憲法が自分にどう関係するかなんて考えることなどできるとは思えない。そうして、政治家に言われるままに憲法改正に賛成してしまうのである。自民党はそこまで計算ずくであろう。

 

 ついこの間まで、憲法改正には反対が多かったのに、今月の憲法改正アンケートでは賛成が48%で反対が31%(毎日新聞調査)になっていた。

 なぜこんな結果になったのだろうか?これは、この一年間、毎日コロ助コロ助の報道で国民が疲弊していてただでさえ思考力がない日本人がより一層メディアを鵜呑みにするようになったからとしか思えない。

 最近は、コロ助を抑えられないのは現憲法のせいだ、などという普通なら誰も信じないようなことですら信じられてしまっているので、憲法改正賛成が反対派を上回ってしまったのだろう。

 このように、通常ならあり得ないことがとんでもない出来事のせいで罷り通ってしまうのをショックドクトリン(和名・惨事便乗型資本主義)というのだが、コロ助憲法改正へのカウントダウンが始まってしまったことはまさにショックドクトリンの典型といえるだろう。

 このままコロ助がますます肥大化すれば、憲法改正どころか緊事の名のもとにあらゆる国民の権利が国家権力に奪われるであろう。

 

憲法改正 #国民投票法改正案 #日本国憲法 

 

 

 

たかだか小学生YouTuberの登校拒否がそんなに気になるのか?

何日か前から、ゆたんぽだかゆたぼんだかわからない小学生のYouTuberが中学校に行く行かないでネット上では話題になっているようだが、所詮は見知らぬ赤の他人ではないか。しかも、ゆたぼんなんてSNSもネットも大してやらない人間は全く知らないし、世間への影響力など殆んどないただの未成年である。そんな人間が中学校へ行こうが行くまいが第三者には何一つ影響などない。
しかしながら、一部の芸能人がわざわざしゃしゃり出てきて偉そうに説教たれたり同調したりとある意味ちやほやしているし、ネットばかりやっている人間は誹謗中傷をしていたりする。
しかしながら、そういったこともゆたぼんというよりは寄生虫親父や仕掛人にとっては願ったりかなったりであろう。YouTubeのチャンネル登録者数やPV数が増えればそれだけ広告費という金が入るのだから。

それでも、このゆたぼんがグレタ・トゥンベリさんみたいに今だけ金だけ自分だけの金の亡者の資本家を批判したり、あるいはウィグル族に限らず世界中の少数民族への弾圧などに声をあげるという社会的意義をもたらす活動をしているのならまだしも、やっていることはただの子どもの遊びである。そんなもの、誰も見向きもしなければよいのに、わざわざ相手にするなどはっきり言って無駄な労力である。そんな子どもの遊びに踊らされる時点で己れの馬鹿さ加減を知るべきであろう。

まあ、このゆたぼんも金儲けをしようとする糞馬鹿な大人に担ぎ上げられていい気になっているのは確かであろう。これは本人ばかりが悪いとは言えないし、むしろ気の毒なところもある。こんな誹謗中傷商法などいつまでできるわけがないし、金にならなくなって、本当にだれからも相手にされなくなったときのことは考えた方がよいかもしれないことは確かである。
ただ、あの寄生虫馬鹿親父がそこまで考えているのかといったら、考えてないだろう。そもそも考えていたら、芸能人でもない息子を晒し者にしないだろう。こういう親父も今風に言えば毒親なのだろう。

#YouTuber #ゆたぼん #登校拒否 #中学校 #卒業証書

コロ助(新型コロナ・ウィルス)は終息するわけがない

相も変わらずメディアは馬鹿の一つ覚えの如くコロ助感染者が何千人何百人だのと言って国民を不安にし、また国民も相変わらず毎日毎日コロ助怖い怖いと騒いでいるようだ。
しかしながら、コロ助は終息などするわけがないのだ。その方が権力者にとっては都合がいいからだ。
大衆というのは、災害やテロなどのような天災や人災などが起こると不安になり、不安になるとどういうわけか思考停止に陥る傾向がある。その中で権力者は普通なら世論から猛反対に合うような人権を縛るような法律や増税をも右から左へ受け流してしまう。特に、日本ではその傾向が一段と強い。戦時中の治安維持法国家総動員法がまさにそうである。

そして、元々僕ちゃんに耳障りがいいニュースだけはマスコミを全く疑わない日本人はすっかり思考停止状態なので、権力者にとってはこれほどいいときはないだろう。どんなに人権を蹂躙するような法案さえもコロ助のせいにしてしまえば大多数の国民が納得してしまうからである。下手したら、今年には必ずなくてはならない衆院選ですら、緊急事態宣言を出して選挙を行わないこともあり得る。それでも今の国民なら納得してしまうだろう。連日のコロ助怖い怖い病を見ていると、そうとしか思えなくなる。

それにしても、つくづく自民党は強運である。2011年の東日本大震災原発事故では与党でなかったから批判を受けることなくマスコミを飼い慣らして全て当時与党だった民主党に擦り付け、更にこれ以上ないほどの民主党ネガティブキャンペーンを世論に広め、与党に返り咲いてからは社会保障の削減や消費税以外の増税などもありすっかり国民の生活が疲弊したころにコロ助騒動である。そして、コロ助に対して何ら有効策も打てず、個人商店の飲食店や非正規労働者が生活困窮しても放ったらかしにしても、全て自己責任にして申し訳程度な給付金しか出さなくても一定の支持率を保っているのだから、自民党はつくづく気楽な稼業ときたもんだ。先ほどは、衆院選ややらないと書いたが、やる可能性の方が高いと思う。今なら自民党単独過半数どころか圧勝するからである。そうして、またコロ助を利用した増税社会保障の削減でますます市井の生活は困窮していくだろう。
#新型コロナ・ウィルス #緊急事態宣言 #自民党
#人権蹂躙

札幌地裁は人殺し

今日(2021年3月29日)、札幌地裁は生活保護費の引き下げの抗議を棄却する判決を出した。
この間、同性婚憲法違反ではないという画期的な判決を出して感心したと思ったら、あっさり手のひらを返したかのような判決である。しかも、棄却の理由が国家財政の悪化が原因だという。

生活保護というのは、憲法25条の健康で文化的な最低限度の生活の保障に基づいた社会保障であるのにそれを引き下げるというのは国家権力が国民を棄民することに等しい行為である。
こんな棄民同然なことに何ら疑問ももたずに国家権力の暴力を後押しするような司法などもはや市井(しいとは絶対に読まない)の敵も同然である。司法がイカれた政治にノーを突き付けなければ誰がノーを突き付けるのか。そんなことまで国民がやらなければならないのか。だとしたら、行政裁判など必要ない。どうせ、政治や官僚の馬鹿犬っころ判決しか出さないのだから。

憲政の神様と称された尾崎行雄が、失業救済というようなことは、現在の役人には出来ないと思う。役人は学校で机の上で書物を読んで、そうして役所に入って人民の租税で生きておる人間であるから、実世間のことは何も知らない、と言っていたが、生活保護費の引き下げなどまさにこの典型である。
だから、政治家も役人も裁判官も、生活保護費で生活なんて一秒もやったことがないから、こんな人殺しを平気でできるのである。
こういう権力者やそれに尻尾を振って生活保護受給者を偉そうに罵倒する奴らに生活保護費だけで生活をさせてやりたい。

#札幌地裁 #生活保護費 #生活保護費引き下げ反対

うっせえわを考察する

 最近、うっせえわという歌が話題になっている。歌の内容は、会社員の不平不満に対する怒りをぶつけている(例えば、経済動向のチェックは通勤時に把握しろとか酒の席ではお酌や会計は率先しろといったことだが)というものである。歌っているのがadoという女子高生であり作詞作曲者が20代の男性だという。

 ここでまず疑問に思ったのが、実際にこの歌に共感しているのがどれ位の年齢層や職業の人間なのかということである。

 最近のヒット曲の基準はネット動画の再生回数やダウンロード数であり、音楽シーンもネットの方を重視してCDといったものは軽視されている。ただ、動画再生だと金をかけずに無数に聞けるのでいくら数千万回再生されてもそれが多くの人間に聞かれているかどうかはわからないし、最近は歌番組も殆どないし、人気アニメや映画の主題歌に使われているわけでもないので誰でも意識しないでどこかで聞く状況というのはあまりないだろう。

 そうなると、日頃からネット漬けになっている人間が再生しまくって無理無理再生回数を伸ばしているとしか考えられない。

 私も会社員を長年やっているが、この歌の内容よりも会社員がいかに社畜であるかなど知っているつもりだし、曲を作った人は会社員というものをそこまで知らないうちにこの詞を書いたのであろう。つまり、うっせえわはリアルな会社員からは共感はされていないのではないかと思われる。動画を見るなら無料だから1度は見たかもしれないが、それだけである。第一世間知らずな女子高生に会社員を代弁されたくはないだろう。たとえado自身で曲をつくってないとはいえ。

 それに、いくら現代がネットの時代とは言え、ブームを仕掛ける構造は変わっていないようだ。ただ、消費者に見せる仕掛けをちょっと変えるだけであっという間に広がってしまう。差し詰め今なら、YouTubeTwitterなどに今はこれが流行っている云々(でんでんとは絶対に読まない)として芸能人などに宣伝をさせればいいのである。そして動画の再生回数を増やして止めにテレビのワイドショーで動画の再生回数がやれ1億突破だのSNSのフォロワー数が何百万人といって消費者を洗脳するやり方である。

 これは、うっせえわに限らず鬼滅の刃ヱヴァンゲリヲンでも同じようなものだろう。

 それにしても、うっせえわは歌詞の内容はただの会社員の不平不満だが、adoの歌い方や動画のイラストがとにかく毒々しい感じがする。別にそれが悪いとは言わないが、このような歌がヒットするというのはそれだけ社会がギスギスしているのであろう。

 会社員の不平不満を歌にするのは大昔からあるが、昔はクレージーキャッツのスーダラ節やはい、それまでよとか日本一の無責任男などみたいにどこか享楽的なものがあった。享楽的な歌より、攻撃的な歌が流行るというのは、どこか空恐ろしさを感じるのは私だけか。

 最後に、会社員の不平不満を書くなら、サービス残業や過酷なノルマや過労死や現場で起こる粉飾決算や偽造表示に対する経営者の僕ちゃん知らないや正社員と非正規雇用者の奴隷の鎖自慢や行き過ぎの顧客満足主義や給料は減ってやらされることだけ増やされるといった実態をもっと書いてほしかったというのが私がうっせえわを聞いた正直な感想である。まあ、それを書いたら誰もブームを仕掛けないか。


【Ado】うっせぇわ

 

クレイジー・キャッツ ベストコレクション

クレイジー・キャッツ ベストコレクション

 

 

 

 

 

自営業者に厳しく大企業は偉い偉い日本人

緊急事態宣言(以下緊事宣言)にともなう飲食店の時短要請に対する給付金でまた自営業者に対する偉そうな罵倒が溢れかえっている。

1日6万円に満たない売り上げの店だけが得するだの、ゴネ得だの焼け太りだの緊事宣言がまた出ることくらい計算しておけだのといった自営業の実態など全く知らないものや、さらに酷いものは知り合いの自営業者は寝てても金が貰えてパチンコ三昧だのといった虚像と現実の区別すらついてないものも多々ある。
たしかに時短要請の給付金で今は束の間のバカンスをしている業者もいるかもしれないが、それの何がいけないんだ。人間は、適度なバカンスがないと労働の再生産なんてできないものだ。本来なら、会社員だって適度なバカンスがなければおかしいのだ。
それに、こんな給付金などいつまでも続くものではない。いずれ政府は感染者数を誤魔化して給付金などいきなり打ち切るだろう。だからといって、客がいきなりコロ助(新型コロナウィルス)前の状態に戻るわけでもない。いわば、給付金は藁のようなものだ。

自営業者を偉そうに罵倒している奴らは、そんなに自営業者が政治家みたいに楽して遊び呆けて金儲けしているとでも思っているのか?少なくとも、年間の売り上げがたかだか1000万で消費税を無理やり略奪されたり、外資のための大店法の改悪で大企業の侵略に晒されている状態がそんなに楽な状況とは思えないが、そんなに楽なら明日にでも自営業者に転職すればいい。政治家は世襲や巨大な組織の後ろ楯がなければ正しい志があっても当選はおろか立候補すら困難だか、自営は金があり書類があれば始めるだけならできる。

それでいて、大企業様とやらには、ひたすら尻尾を振って媚びへつらうのがいかにも組織にしがみつかないと一円も稼げない日本人らしい。
大企業様とやらは、あらゆる偽装や粉飾決算はおろか、原発をおもしろおかしく破壊して放射能をその辺にばら蒔いたり、電車の脱線事故を起こすきっかけを作った日勤教育をごり押ししたり、サービス残業や過酷なノルマを課して過労死させたり、コロ助で業績悪化しても鼻くそ程度の減給しかせず、非正規雇用者を気分で雇い止めしても何ら咎めずにむしろ被害者の労働
者自己責任だー、と罵倒するのだから、世界中からバカにされるのは当たり前である。

いくら、神武天皇よりも偉い偉い大企業様とやらに尻尾振って媚びへつらっても、大企業様とやらはてめえなんざ歯牙にもかけないぜ。そんな簡単なこともわからないんだから、日本人なんて世界最低な民族だな。GHQもこんなバカな日本人を統治するのはさぞかし楽だっただろう。マッカーサーも楽な仕事をしたものだ

#新型コロナウィルス #給付金 #緊急事態宣言

北条氏政・氏直親子に勝る馬鹿親子菅義偉・正剛親子

 かつて、戦国時代には関東を掌握していた北条早雲から続く一族がいて、三代目の北条氏康が名君と言われ20万の上杉軍から領地を防衛したと言われている。

 しかしながら、その息子氏政と氏直は親子で馬鹿であり、豊臣秀吉の大軍が攻めてきたときも氏康が上杉軍から防衛したことを心のよりどころにして、時世も見えずに交戦しようとして家臣と対立して実のない評定を続け(小田原評定の語源)、結局秀吉にあえなく滅ぼされてしまった。

 

 翻って現代はどうであろう。政治家の子どもの大半が只の馬鹿で政治家の子弟でなければ政治家や官僚はおろか、就職もまともにできないその辺の貧困労働者になっているだろう。それは、小泉純一郎安倍晋三麻生太郎河野太郎らを見れば一目瞭然である。

 菅義偉の息子である正剛もまさに只の馬鹿にも劣るチンピラ息子であることは間違いない。SNSで拡散されているあの風貌は本当かどうかはわからないが、生まれてからは金にも困らず何一つ自分の力で成し遂げたこともなく、すべて父親や取り巻き連中に何でもかんでもやってもらっていたのであろうことは容易に想像がつく。

 それだけ見ると、菅義偉が甘やかしてきたのかと思うかもしれないが、私の見立ては少し違う。菅義偉高所得者や猛烈会社員によくある子どもに無関心ですべて奥さんに任せきりで息子と何一つ向き合ってこなかったのであろう。菅義偉は年齢的に男は仕事女は育児と家庭という世代であろうが、それにしても度が過ぎている。

 ここで見えることは、人間を形成するのはやはり家庭での教育である。甘やかしは論外として、菅義偉みたいに無関心で金とコネだけでどうにかしようとするのも駄目だし、巨人の星星一徹みたいなことをするのも問題である。

 まあ、菅義偉は自分の出世のことばかり考え、息子をチンピラにしたことを顧みてもらいたいものだ。

 

 菅正剛は公務員ではないが、法律に抵触する可能性が高いことをやったのだからしっかりと自分のしたことを顧みないといけない。もっとも、こんな恵まれすぎた環境で温室培養された僕ちゃん部長がそんなことを顧みることなんか1無量大数%ないと思うが。