超激辛非国民ブログ

1億回閲覧されても絶対にテレビには取り上げられないブログです。読むと所謂まともな日本人様は不愉快になります。

オリンピック反対派は東北が嫌いだから

近年まれに見る物議を醸している東京オリンピックだが、反対派の懸命な運動も虚しく開幕してしまった。
こんな状況下で世界中の人間が1ヶ所に集まるオリンピックをばんざーいする金もないくせに自民党大好き経団連命の憂国の士を気取る似非右翼は論外だか、今回は相当数いるオリンピック反対派も、どれだけの人間がまともな理由で反対しているかである。
というのも、オリンピック反対派の何故オリンピックに反対なのかという理由を調べてみると、殆んどがコロナウィルス(以下コロ助)をあげている。確かに、マスコミや政治家や政治家の馬鹿犬医師会に騙されているコロ助怖い怖い病の愚民どもらからすれば当然の反応だろうが、それだけなのである。
或いは、 もっと馬鹿なやつだと僕ちゃんが嫌いだから問い極めて幼稚な理由だけで反対をしているやつらもいる。こういうやつらは、ワールドカップサッカーなども同じ理由で反対する。こういうやつらは、24時間365日僕ちゃんの大好きな物だけに囲まれて甘やかされたいだけなのであるが、そんな理由では反対意見など通るわけがない。それに、オリンピックをごり押ししている時点でコロ助なんて茶番だということに気づくべきである。

結局は、オリンピック反対派もマスコミがコロ助を煽ってオリンピック開催を危惧する記事を書けば売れるから書いているだけなものを真に受けて反対反対と喚き散らしているだけなのである。

本当にオリンピック反対なら、東北が今どうなっているのか、オリンピックが生活困窮した東北人をまんべんなくまともな社会生活を再び営めるのか、失った大地を取り戻せるのか、といったことを理由に反対すべきである。そもそも、今回の東京オリンピックは、東北復興のき起爆剤というのがコンセプトだったはずである。コロ助があろうがなかろうが、東北のためにならなければ反対してしかるべきなのだが、反対派から東北という文字を聞いたことがない。むしろ、被災した人間を女々しいだのまずは自助しろだの軟弱だの戦後の人間を見習えだのといった偉そうな罵倒しかしていない。反対派も東北の苦悩なんて知ったことではないのである。まったくもって対した民度である。
そして、オリンピックやる金があるならコロ助で生活困窮した国民の救済にその金を充当しろ、と思うのだか、そんな声すら極僅かであり、これもやはりコロ助は関係なく、生活困窮は自己責任だー、と偉そうに罵倒している有り様である。

もし、東京オリンピックが東北のためになるのならば、私は東京オリンピックには賛成しただろうが、残念ながらそんな感じは全くない。相変わらず原発廃止どころか日本中で原発再稼働の動きは多いし、放射能や汚染水も放ったらかしである。

そして、オリンピックで利益を得るのは関係者と広告屋と政治家と土建屋の無能鬼畜ウジ虫ゴキブリ糞馬鹿カスうんこちんこ強欲キチガイカネゴン腐った屍肉経営者と働きもしないで配当金寄越せブヒブヒと喚き散らす豚大株主だけである。そこまで考えてオリンピックに反対している人間がどれくらいいるのだ。
1964年の東京オリンピックは、水木しげる氏が、オリンピックなんて土建屋と旅館が儲けるだけで自分には関係ないと言ってたが、今はそんな本質を突くような人など皆無に等しい。

そんな本質もわからずにオリンピックばんざーいもオリンピック反対も救いがたい馬鹿である。こんな馬鹿が威張り散らしている日本今すぐ死ね

#東京オリンピック #自民党 #東京オリンピック反対 #東京オリンピック中止 #電通

既存メディア狂信者もネット狂信者も行き着く先は同じ

以前から書いていることだが、既存メディアであるテレビや新聞をまるで見ないで、インターネット記事やYouTubeばかりを見て、マスゴミがー、と偉そうにぬかすやつらははっきり言って思考が停止したアメーバやゾウリムシレベルでしかない。

というのも、インターネットやYouTubeは常に正しい原理主義者の殆んどは自民党の狂信者であり、立憲民主党はおろかれいわ新選組社民党共産党さえも批判して自民党のやることを無批判にばんざーいして自民党議員の失言はもとより犯罪さえもひたすらばんざーいをしている有り様であるからだ。こんなの、田舎者の先生様というだけで喜んで自民党に投票しているテレビや新聞は常に正しい原理主義者と何が違うのか?自民党に投票している時点で何も変わらない。それとも、インターネット記事は常に正しい原理主義者だけは、自民党に投票すればドッグフードでも貰えるのか?

ネットは真実なんて言っても、書いてあることは、在野党だらしないだの旧民主党の3年は悪夢だの民主党は中国や韓国の犬だのと言うことばかりで、結局自民党を支持するように誘引することばかりだ。或いは、誰に投票しても同じだということばかり書いて有権者を棄権に誘引していくかである。
結局のところ、権力者はテレビであれネットニュースであれ巷に流れている情報なんて殆んど掌握しているのである。

映画「新聞記者」で、主役の松坂桃李の役が所属していた内閣調査室の田中哲司演じる室長が、常にメディアを監視していて国民を国家権力の都合がいいように操るかを考えていたが、まさにこの国の現実を描いた台本であり演出であった。
内閣調査室にかかれば、インターネットですら簡単に操ることなどできるのである。だいたい、今はネット記事など大半の人間がスマートフォンかよくてiPadで見る程度であろう。紙媒体と違ってスマートフォンiPadなどは長時間文字を読めるものではない。だから、スマートフォンでやっているのはゲームかよくて数分の動画サイトを見るくらいだ。その中で読まれるものは、ポータルサイトを開いて最初の幾つかの見出しくらいである。ポータルサイトの最初にくるものなんて、人間が操作しようとすれば簡単にできる。新聞は、取り敢えず全ページに目を通して記事を速読しようと思えば何とかできるがスマートフォンだとそんなことは到底できない。そうして、インターネット中毒者を簡単に自民党の狂信者にできるのである。
それから、新聞記者で田中哲司演じる室長の台詞で特に印象に残ったものを記しておきます。

「真実かどうかは国民が決める」「民主主義など見せかけでいい」

#新聞記者 #民主主義 #マスゴミ #自民党 #ネットメディア #ネットde真実 #選挙

新聞記者 [Blu-ray]

新聞記者 [Blu-ray]

  • シム・ウンギョン
Amazon

東京都民は禽獣か?

 先日の都議会議員選挙は、日刊ゲンダイなどの反自民都民ファースト系の新聞などは自民大敗都民ファースト敗退と書いていたが、それでも自民は選挙前より議席数は25から33に増えているし、都民ファーストとて45から31には減ったがだからといってそこまで惨めな敗北ではない。

 逆に、立憲民主党共産党や躍進と書かれており、確かに前回よりは健闘したことは認めるが、それでも立憲8から15で共産が18から19であるので勝ったとはいえないであろう。ましてや、れいわ新選組など議席0である。こんな結果、在野党全体から見れば負けに等しい。

 そもそも、都民ファーストなど所詮は自民党の下部団体のようなものである。つまり、自公と都民ファを合わせれば余裕で議席過半数越えなどしているのである。本当に自公が惨敗と書くならば、自公と都民ファが合わせても議席過半数に届かない状態でなければならないのである。

 前回の都議会選は、確かに都民ファが自民の議席を上回ったが、都民ファだって結局は資本家の機嫌取りをしていただけでホームレスやワーキングプアなどといった人種には全く目もくれなかった。やっていることは自民党と変わらない。いわば、サル山のボス猿争いである。いや、ボス猿争いのほうが余程ましである。

 

 こんな結果になったのも、当事者である東京都民の有権者の主権意識が皆無に等しいからである。なにしろ投票率の低さが尋常ではない。たったの42.3%である。都の有権者の半分以上が選挙に行ってないのである。これでは、票の殆どが組織票である自公や都民ファを政権から引きずり下ろすことなど出来るわけがない。棄権者は選挙は何のためにあるか考えたこともないのであろう。棄権者でも、入院中であったり借金取りから夜逃げしている人間や亭主のDVから逃げ回っている女性や住民票がどこにあるかわからない派遣労働者蟹工船企業にこき使われて期日前投票にすら行けてない人間は好き好んで棄権しているわけではなさそうなので例外だが、そうでもない有権者が選挙に行かないのはもはや、自らの生命や財産権を権力者に蹂躙されても何一つ文句はないに等しいのである。つまりは民主主義の自主的放棄である。選挙が民主主義の大原則というのは小学校の社会科レベルの話である。そして、そんな人間がなぜか中国や北朝鮮の体制を偉そうに見下しているのである。自らの権利を放棄して独裁政治を熱望しているくせにである。

 明治時代から戦後まで政治家を務めた憲政の神こと尾崎行雄は、選挙に行かぬものは人間の尊厳を放棄した禽獣である、と言っていた。私もそう思った。だから日記のタイトルもそう書いた。

 今回の選挙はさらに絶望を助長させられた。こんなんでは、今年中に確実に行われる衆院選も思いやられる。ひょっとしたらコロナウィルス(以下コロ助)を理由に衆院選が無期限延期などという事態もあるかもしれない。通常ならあり得ないが、コロ助を引き合いに出せば何でも通ってしまうのが日本の現状である。本当に日本死ね

 

 

 

 

SNSをやらないと社会生活ができなくなる

 

 

 先日、エマ・ワトソン主演のザ・サークルという映画を見たが、その内容がとても荒唐無稽なフィクションとは思えずにいる。

 その内容は、エマ・ワトソン演じる主人公があるSNSの運営会社に転職するところから始まり、やがてサイトの企画立案や更新などを担当する業務に就いていくのだが、その先に待ち受けていたことは、己の個人情報はおろか生活さえも衆人環視に晒されて、しかも本人をそれを受け入れて、更に国民さえもSNSで監視しようとする恐ろしいものであった。

 これは、ここ数年で急速に発達したSNSが最終的に行き着くところだと思った。というのも、SNSの普及により世界中の人間が自分の行動や趣味などを地球の裏側に一瞬で配信できるようになった。更に、スマートフォンを誰もが持ち歩くというのもSNSの発展に貢献している。というのも、スマートフォンは今や電話がおまけで動画や写真をいかに綺麗に撮影するかに重点が置かれて通話のことにはろくに触れられていない。言ってみれば、手のひらサイズの映写機を持っているようなものである。そんなもので目の前で起こったことを撮影してネットにつなげてSNSに投稿すればあっという間に地球上に広がる。しかもそれらは路上や電車の中でも手の中でものの数分でできてしまう。

 

 映画の話に戻るが、映画の中でエマ・ワトソンが経営者の前のプレゼンで国民に自社のSNSの参加を義務化しようと言って、経営者は勿論のことほかの社員からも称賛される。そうして、SNSを情報をもとに特定の個人がどこで何をやっているかを晒して悦に浸るのだが、やがてそれは悲劇を生み出す。

 この映画で、私が一番背筋が凍り付いたのは、高々一会社ごときの金儲けに何で無理やり協力させられなければならないのか、ということである。SNSなんて別にやらなくても自分が何も不自由しなければやる必要などないのである。そんな押し付けなど、車を買う必要がないのに無理やり車を買うことを自動車会社と国家権力が強要するものである。

 

確かに、国家権力が国民にSNSを強要するような法律など制定できるわけはないが、もしSNSのアカウントがなければ買い物はおろか住民登録や役所の公的書類の取り寄せ、あるいは運転免許の更新や公共料金の支払いなどのことができなくはならないが、手続きが煩雑極まりなくなってしまったらどうだろうか?殆どの人間がSNSのアカウントを否応なしに取らざるを得ないだろう。それは、国家権力の強制にはならない。

 そうして、SNSにより国民の行動が逐一会社や国家権力に掌握されて、例えば公共料金などをたまたま払い忘れたりしただけで凶悪犯罪者呼ばわりされて社会から抹殺されかねない。それが、日ごろから政治家や財界の悪口ばかり言っている人間であれば、些末な逸脱行為を取り上げられて逮捕されかねないし本来なら国民から批判が来るようなものでも称賛されるだろう。何せ、昨今は4コマ漫画のいたずらみたいなことでも、SNSに晒せば正義の味方月光仮面気取りな聖人君子様とやらが個人を特定して面白おかしく人生を終わらせてしまうからである。

 

 では、どうすればいいか?本来ならSNSなどやらなければいいがそれは難しいだろう。SNSでしかやり取りしていない関係というのもあるからだ。なので、SNSを開く時間を少しでも減らす。そして、限られた人間以外とは極力関わらない。そして、いたずらをあげないということからやっていくしかないだろう。

 

SNSエマ・ワトソン #ザ・サークル #トム・ハンクス #映画評論 #個人情報

 

 

 

 

東京オリンピックを強行開催する理由と平井大臣の恫喝は國人が民主主義が嫌いな証

 世論の大半が東京オリンピック開催反対を叫んでいるのに、政府はオリンピックを何が何でも開催しようとしています。

 それから、平井IT大臣のNECへの恫喝が問題になっています。一見すると自民党ということ以外何の関係もないように思えるが、実はとても大きな共通点がある。

 それは、今年中には確実に行われる衆院選で当選が決まっているということである。

普通に考えて、コロナウィルス(以下コロ助)が世界で猛威を振るっている中で世界規模のスポーツイベント開催なんて狂気の沙汰でしかなく、そんなことをして国民の半数以上がコロ助に感染したら経済その他の人間的な活動など出来ません。まあ、個人的にはコロ助なんて茶番としか思ってないが、これはコロ助だ本当だったらということを前提に書いている。

 で、オリンピック終了後にパンデミックで片付けられないレベルに達したら、普通はそんな政治家や政党など国民は投票用紙には書きません。

 また、平井大臣にしても、政治家が国民を恫喝など民主主義では絶対にあってはならないことであり、これだって普通なら有権者は投票用紙にはそんな候補者の名前なんて書きません。

 では、なぜこんな暴挙がまかり通るかというと、先ほども書いたが当選が確実で選挙が怖くないからである。民主主義における政治家は、国民生活に不利益を与えれば選挙で落選するというなかで常に業務に当たらなければいけない。政治家なんて落選すればただの人だからである。なので、落選の恐怖さえあれば世論の反対を無視したり恫喝なんてできるわけない。

 しかしながら、自民党には落選の恐怖が全くないから、こんな独裁国家顔負けな現象が起こってしまうのである。それもこれも、選挙権の行使という一番簡単な民主主義を国民が行使しないことが原因である。その結果、自民党によって利権をむさぼれる奴らや自民党を狂信しておけばドッグフードをもらえると勝手に思い込んでいる金もないくせに自民党大好き経団連命の憂国の士を気取る似非右翼が組織的に自民党に投票するからいつも選挙は自民党が圧勝してしまうのである。本当に、今の政治や生活に不満があるのなら、投票所へ行って与党ではなく、適当な野党の候補者と政党名を書けばいいだけである。こんなこと誰にでもできることであろう。ただ、借金取りから夜逃げ中だったり、暴力旦那から避難していたり、住民票がどこにあるかわからない派遣労働者や選挙権の行使すらできないほど働かされている蟹工船企業の労働者など物理的あるいは身体精神面に問題がある有権者は例外とする。ただ、そんな有権者でも選挙権は行使できなければ本来はおかしいのである。

 

 かつて、憲政の神と称された国会議員の尾崎行雄がこんなことを言っていた。日本の選挙は久しい以前から政府党は必ず勝ち、在野党は必ず負ける体たらくである。我が憲政を毒する百弊の源はここにあるとさえ思われる。

 尾崎行雄は明治時代からの政治家である。つまり、日本人は明治時代から何一つ進歩していないのである。

 日本死ね、というあるお母さんの言葉が私にはよくわかる。まあ、このお母さんが選挙で野党に投票しているかは定かではないが。

 

今回の参考文献

 

 

 

 

 

 

 

大坂なおみを支持します

テニスのスーパースター大坂なおみが会見を拒否し、全仏オープンを棄権したことについて賛否両論が沸き起こっています。
私は、大坂なおみの行動は支持したいと思う。それは、決められていることに疑問を持ち行動をしたからである。特に、世界的に有名なプロスポーツ選手がこういった行動をとるのは、世論に大きな影響を与えるし、これを機に望まない会見はやらなければそれだけ練習に集中できる。いくらスポーツ選手がスポンサーに命運を握られているといっても、そこまでスポンサーやマスコミごときに過剰サービスなどやる必要などない。
しかも、大坂なおみは2018年頃から精神を病んでいたという。うつ病かどうかはわからないが、テニス以外のこと特に見知らぬ赤の他人に対しては何をどう話していいかわからなかった状態で、相当苦しんでいたと思う。その中であれだけの成績を残せたのだがらそれは凄いと思うけど。

ここからは、私の憶測になるが大坂なおみは元他人との意思の疎通が苦手で、それこそアスペルガー的なところが若干あったのではないだろうか。大坂なおみはたまたまテニスがあり、それに只管打ち込めたから周囲から異常者扱いされることはなかったが、有名になり会見とかで他人と直に接しなければならない機会も増えたことで、対人恐怖症に近い状況になっていたのかもしれない。
更に、全米テニスで優勝して日本人から日本人の誇りだー、と言われ応援してもらっていると思って、黒人差別に抗議したら途端に手のひらを返されて罵倒されたりしたことも精神を病んだ原因の一つかもしれない。たかが、Twitterの誹謗中傷ごときと思うかもしれないが、昨今それで芸能人やプロレスラーが自殺しているのでそんなものでも立派な殺人兵器になるのだ。

とにかく、今回の件に限らず、黒人差別問題など大坂なおみは自分の意見を主張したことに大いに意義があると思う。今はテニス生命の危機に晒されているかもしれないが、世界中から支持者が増えれば、大坂なおみの主張が認められてスポーツ選手の本来あるべき姿やマスコミやスポンサーとの距離の取り方などが見直されるきっかけになるかもしれない。
大坂なおみのテニス生命を掛けた主張が大いなるサーブになることを願って已ません(願っていませんとは絶対に読まない)

#大坂なおみ #全仏オープン #棄権 #黒人差別
#会見拒否 #四大大会 #アスリート

スピリチュアルは人を救わない

最近なのかはどうかはわからないが、書店に行くとだいたい自己啓発の近くに置かれている本の種類は、言霊とか思考云々(でんでんとは絶対に読まない)といった所謂スピリチュアル系のものがある。
スピリチュアルとは私も詳しくはわからないし大して関心ないが、ようは自分に起こっていることは全て自分が望んだ結果であるというような精神論に近いものであるということは何となくはわかる。

しかしながら、そんなことは殆んどの場合当てはまらない。そんなものが本当なら、ホームレスや貧困労働者やコロ助(新型コロナウィルス)などで失業した人間や蟹工船企業(ブラック企業)に殺された人間は全て望んだからということになってしまい、それこそがまさに糞JAPが大企業と天皇陛下と死刑の次に好きで好きでたまらない自己責任とやらを助長する結果になるからだ。

そんな人間に対して言霊云々なんて言ったらどうなると思うか?ますます自分を責めて自殺するだけだ。そんな人間に対して必要なのは、スピリチュアルよりもまともな生活ができる公助であり、具体的な方法論である。精神論みたいなこと何十時間も聞かされても生きるために必要な栄養素は満たされないし、雨風はしのげないからな。

どうも、スピリチュアリストというのは実態経済をまるで知らない僕ちゃんアタクチ人間としか思えない。こいつらの頭の中では、生活困窮者=悪党の末路という極めてお子様的な発想しかないのだろう。
実際、生活困窮者になるのは殆んどが悪どいこととは無縁で、たまたま他人との接し方がわからなかったり努力のしかたがわからないだけのまともな人間である。そもそも、誰が好きこのんで蟹工船企業で自殺したり心神喪失したりしてホームレスや生活困窮者になるものか。人間なら誰だって衣食住に不自由しない生活したいに決まっている。

そうして考えるとスピリチュアルっていうのはプルシットジョブ(くそどうでもいい労働)としか言えない。これなら、水晶玉占いのほうがはるかにまともである。占いは、かつては国王も政治政策の参考にしたくらいだからな。

#スピリチュアル #プルシットジョブ #生活困窮者 #自己責任 #自己啓発